おどりびよりロゴ

 

コラムビル&ボビー・アービンのダンス・テクニック」#16

第41話ビル&ボビー・アービンのダンス・テクニック」#16

2020/02/19

ホールド(その1)


さて、足の次はホールドです。ホールドでは、腕を持ち上げたときに問題が起こりがちです。男性も女性も両腕は斜め前に出すようにします。そのようにすると、両腕と自分の背中のコネクションができ、筋肉に余分な負担をかけることなく、ホールドが安定するからです。

次に、男性は左手で女性の右手を取ります。このとき、互いの手にトーンが感じられるようにしますが、同時にグリップに軽さを感じられなければなりません。そうするための方法として、二人の手の中にはハミングバードの卵があり、それを壊さないように運ぶ所を想像すると良いでしょう。





男性の右手は女性の左肩甲骨の下の部分に置きます。両手は女性のものだと思ってください! お互いの両手を非常に敏感にして、パートナーを感じ取れるようにします。女性の背中に置いた男性の右手は、女性のポジションを操ったりリードしたりするのに必要な役割を果しています。



「腕がなくても踊れるが、手がなければ決して踊れない!」

手に力が入り過ぎると肩にも力が入り過ぎるようになってしまいます。しかし、これに関する詳しい事は、後からお話しすることにしましょう。



(第41話終わり)